バイナリーオプションは逆張りが有利って本当?

バイナリーオプションでの取引において、順張りと逆張りのどちらが有利なのでしょうか?

それは、相場環境に合った方法で取引をおこなうことで、どちらも有利に働きます。

トレンド相場は一方向に伸びていきますので、その伸びていく方向にポジションを持つ順張りが有利となりますが、レンジ相場では一定の範囲内で上下を繰り返すため、上限、もしくは下限から逆張りをおこなう手法が有利となります。

相場の占める割合は7割がレンジ相場と言われていますが、その状況が正しいとすればレンジ相場に有利な逆張りの方がチャンスは多いと言うことになります。

そのため、レンジ相場だけに狙いを定めた逆張り戦略は、チャンスが多く非常に効果的な手法であることが分かります。

ただし、「レンジ相場を正確に判断すること」「適正な位置でエントリーすること」こちらの2点は十分に気を付けながら取り組む必要があるでしょう。

適切なエントリーポジションを判断するのに「レジスタンス」「サポート」がありますが、レジスタンスとサポートが機能しているかと言う点については、逆張りで勝つための重要な要素となります。

バイナリーオプションにおいて、逆張りで勝つためにチェックしておきたいポイントについて具体的に解説いたします。

新着情報

土日も取引できるバイナリーオプション業者「ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS)」について詳しく知りたい人は「ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS)は土日もバイナリーオプションで取引できる超優良業者!」をご覧ください。

レンジ相場を判定する

レンジ相場を判定する

バイナリーオプションでの取引において逆張り攻略するためには、有利となる「レンジ相場であるかを判断する」必要があります。

相場にはトレンドレンジの2種類があり、為替相場においてレンジは7割、トレンドは3割と言われています。

トレンド状態の定義は下記の通りです。

上昇トレンド

高値と安値を切り上げている状態

下降トレンド

高値と安値を切り下げている状態

レンジ相場とは、トレンドの定義が崩れた状態のことで、例えば、上昇トレンドの最中に高値を切り上げることなく反転して下がった場合、この時点で定義上レンジに入ったと判断します。

その後、そのままレンジで推移するか逆方向にトレンドを形成する、あるいは、再度上昇してレンジブレイクし上昇トレンドの再スタートと言うことになります。

バイナリーオプションで逆張りを仕掛けるのは、レンジの推移をある程度見届けてからの方がよいでしょう。

フィルターとして有効なのはボリンジャーバンドがその一つです。

中心を通るミドルバンドと±2σからなる上下のバンド幅を見て判断しますが、ミドルバンドが横ばい、±2σバンド幅がスクイーズ(縮小)している状態にあればレンジ状態として見ることができるため、視覚的にわかりやすいというメリットがあります。

適正なエントリーポイントまで待つ

適正なエントリーポイントまで待つ

レンジ状態であると判断できたら、適切なエントリーポイントまでローソク足の動きを引き付け逆張りを仕掛けます。

適切なエントリーポイントとは、機能しているレジスタンス、サポートのことで、チャート上にラインを引き、主に「レジスタンスライン」「サポートライン」と呼びます。

レジスタンスラインとは「上値抵抗線」のことで、このラインまでレートが上がったら売り注文を執行する多くのトレーダーたちが抵抗しており、突破して上昇することが難しいとされる水平線です。

サポートラインとは「下値支持線」のことで、このラインまでレートが下がったら買い注文を執行する多くのトレーダーたちによって支持されており、突破して下落することが難しいとされる水平線です。

2つのラインを合わせて「レジサポライン」と呼ぶこともあります。

強いレジサポラインの近辺は、買いと売りのオーダーが多く溜まっているポイントで、トレーダーの思惑がぶつかり合う場所にもなります。

主にラインからの反転や、ラインブレイクから一気に走り出すなどの反応が見られます。

レジサポラインは世界中のトレーダーが注目しているポイントであり、ラインが機能している相場では、バイナリーオプションのエントリーポイントとして非常に有効です。

また、レジサポラインと移動平均線、あるいはボリンジャーバンドの±2σバンドが重なるような位置では強力に機能することが多くなります。

レジサポラインの効果的な引き方

レジサポラインの効果的な引き方

チャートの左側には未来を予測するためのヒントがたくさんあります。

レジスタンス、サポートに関してもチャートの左側に注目することで導き出すことができます。

レジサポラインを引くときに注意することは、引きすぎないと言うことで、あまりにもラインが増えすぎると、チャートが煩雑で見にくい上に迷いが生じてしまうこともあります。

また、多くのトレーダーが注目するラインでないと効果は期待できないため、重要と思われる位置に対してラインを引いていく必要があります。

まず考え方として、時間軸によるパワーバランスについて注目する必要があります。

これは「小さな時間軸より大きな時間軸の方がパワーバランスは上」になり、大きな時間軸に逆らったトレードはリスクが高いと言うことです。

サポレジラインも小さな時間軸より大きな時間軸で引いたラインのほうが機能する傾向にありますが、大きな時間軸から色を変化させてラインを引いていくとラインの強弱を把握する上で便利です。

バイナリーオプションで短期足による取引をする場合でも、大きな時間軸で引いたラインは節目として機能することが多くなるので、環境認識と併せて引いておくことをおすすめします。

ラインを引いておきたいポイントは以下の通りです。

  • 直近の最高値(レンジの上限)
  • 直近の最安値(レンジの下限)
  • ダブルトップをつくった高値とネックライン
  • ダブルボトムをつくった安値とネックライン
  • 高値を超えていく起点となった安値
  • 安値を超えていく起点となった高値
  • その他何度も止められているところ

ラインを引いた後、そのラインが機能していない場合は迷わず消去し、チャートをできるだけスッキリさせることが、判断の迷いをなくす最善の策になります。

ラインタッチの判断をヒゲと実体のどちらでおこなうかと言う点については、正直、どちらでも大差ありません。

これは、サポレジラインにタッチしたからと言って直ぐに反転するわけではなく、その付近である程度の幅を持った状態で考えた方がよいと言う意味です。

ラインチャートをメインにトレードをおこなう人もいるので、実体を意識した方がよいのかもしれませんが、反転ポイントとしてある程度の幅を考えたときには、ヒゲと実体のどちらでも問題ないと言うことになるでしょう。

あくまで、レンジ状態でレジサポラインにローソク足の動きを引き付けてからの逆張り戦略になります。

まとめ

レンジ相場の逆張りは効果的

バイナリーオプションでの取引において、レンジ相場を見極めた上での逆張りは非常に効果的です。

また、反転が期待できるポイントを事前に分かっていれば、そのポイントを狙ってエントリーすることができます。

重要なのは、レンジ相場の判断とレジスタンスかサポートまで引き付けると言うことですが、機能するレジスタンスとサポートに引いたラインでなければいけません。

ラインを引くにもトレーニングが必須となり、引いたラインが機能するのか検証を重ねることで効果的なラインを引くことが可能となっていきます。

レンジ相場で有利となる逆張りはレジサポラインが的確に引けると非常に有利となり、また強力な武器にもなります。

ぜひバイナリーオプション取引にお役立て下さい。

「この情報間違ってない?」「こんな手法もあるよ!」このようなご指摘、ご意見など御座いましたらバイナリーオプション攻略研究室までご連絡下さい。ご指摘を頂いた箇所は次回の更新時に反映、また、ご意見に関しては今後コンテンツを作成する上での参考にさせていただきます。