theoption(ザオプション)は出金拒否・口座凍結のトラブルが一切ない超優良バイナリー業者

みなさんはtheoptionが実際にどのような評価を受けているのかご存知ですか?

色んな口コミサイトをリサーチしていると

theoption(ザオプション)に関する疑問1

theoptionは出金できない・・・

theoption(ザオプション)に関する疑問2

theoptionはすぐに口座凍結する・・・

といった意見を見かけます。

ですがtheoptionに対して否定的な意見を述べているサイトに一つの共通点を見つけました。

それはハイローアフィリをしていること。

ハイローアフィリは、そのサイトのリンク先から口座開設した人がいた場合、報酬単価3万円~。

この高額報酬に目がくらみ、他業者をディスってハイローの口座開設に誘導しているんですよね。

なのでtheoptionに対する本当の評判を伝えず、嘘ばかり記載しているサイトが多いんです。

追加情報

2021年2月以降、ハイローオーストラリアで利益20万円程度しか出していない口座(もちろん自動売買などによる不正取引は一切おこなっていないのが前提)が凍結されるなど、理不尽な口座凍結が多発しています。YouTubeに詳細が取り上げられているので、一度「 ハイローオーストラリア 凍結(リンク先:YouTube)」からご確認いただくことをオススメします。

そこで当サイトでは、theoptionに問い合わせ(取材)をおこなった上で、その真実に迫りたいと思います。

「theoptionというバイナリーオプション取引業者は実際どうなのか?」

theoptionの本当の評判をご覧ください。

theoption(ザオプション)をオススメする7つの理由

バイナリーオプション取引業者は国内外問わず数多く存在しますが、その中でもtheoptionがオススメといえる理由は次の7つ。

theoptionに問い合わせ(取材)をおこなったことで判明した事実も含め、次の7つは間違いなく他業者より優れています。

それではさっそく各理由について詳しく見ていきましょう。

口座凍結されることはない

theoptionは理不尽に口座凍結するような行為は一切おこなっていません。

規約に従い正しく取引していれば口座凍結されることはないのです。

この点についてはtheoption側にしっかり問い合わせ(取材)をおこなった上で記載しています。

補足説明

メールの受信内容は下記項目「出金拒否・出金制限・口座凍結の心配は一切なし」で公開しているので、気になる人はそちらから確認してください。

他のサイトで「theoptionはよく口座凍結される・・・」なんて情報を見かけますがまったくの嘘。

ハイローオーストラリアやゼントレーダーでよく起こる凍結祭りみたいなことは一切ないので安心してください。

出金完全対応!出金拒否されない

稼ぎすぎると出金拒否されるとの認識を持っている人が多いのですが、theoptionは稼ぎすぎという理由で出金拒否するようなことは一切ありません。

不正さえしなければ必ず出金できます。

こちらもtheoption側にしっかり問い合わせ(取材)をおこなった上で記載していますので安心してください。

「theoptionは出金拒否が多い業者だ!」と記載しているサイトは問い合わせ(取材)をおこなっていないのでしょう。

もしくはハイローアフィリをしているとか・・・

そもそも稼ぎすぎという理由だけで出金拒否すれば、悪いウワサが広がりtheoption自体を誰も利用しなくなります。

そんなリスクを抱えてまで出金拒否する必要はありませんよね?

何の根拠もなく「theoptionは出金拒否が多いので注意してください!」と騙っているサイトは信用性に欠けるので注意しましょう。

レートのズレが少ない

theoptionで採用しているレート配信会社はFXCM、LMAXです。

LMAXはあまり馴染みがないかも知れませんが、FXCMは現在の楽天証券。

補足説明

詳細は「 旧FXCMジャパン証券口座のお取引履歴について」から確認可能。

日本国内のレート配信会社を採用している点は非常に安心感があります。

また日本国内のレート配信会社を採用しているからこそ値動きのズレが少ないともいえますね。

しかも日本での取引向けに「Amazon EC2(インスタンス:東京)」でサービスを提供している点も非常に好印象です。

theoption(ザオプション)サーバー情報

アクセスポイントが東京になっていることで、海外サーバーにアクセスするときのようなタイムラグが発生することなく、値動きのズレなどトレーダーに不利な悪条件を緩和しているといえるでしょう。

取引画面が見やすい

取引画面の見やすさもtheoptionがオススメな理由の一つです。

ハイローの取引画面と比べれば一目瞭然。

ハイローオーストラリアデモ口座

theoption(ザオプション)デモ口座

ハイローのチャート(30秒取引画面)はカクカクしているので値動きを細かく見ることはできないのですが、theoption(30秒取引画面)は曲線を描くようなチャートなのでより細かい分析ができます。

この点については好みや個人差も出てきますが、少なくても見にくいなんてことはないですね。

デモ口座で練習できる

theoptionのデモ口座はリアル口座とまったく同じ。

レートの動きにもズレはありません。

実際に取引する前に、本番環境と同じ状態をリアル口座で体験できる点はtheoption特有の嬉しいポイントといえますね。

この利点を生かし、デモ口座で取引環境に慣れた後に本番環境で取引するのがベストでしょう。

取引画面にインジケーターを表示できる

theoptionは取引画面にインジケーターを表示できる仕組みになっています。

theoption(ザオプション)インジケーター

この点は他の取引業者には無い強みです。

例えばMT4の15分足チャートを見ながら5分足でエントリーする場合、theoptionの5分チャートにインジケーターを表示させておけば、より細かい分析をおこなった上でエントリーできますよね?

MT4

取引画面にインジケーターを表示すれば、より精度の高い取引ができるようになるんです。

この仕組みはバイナリートレーダーにとって非常に嬉しい仕様だといえるでしょう。

スピーディなサポート体制

問い合わせに対するレスポンスが非常に早いこともtheoptionをオススメする理由の一つです。

他の業者では、問い合わせしても返信に数日かかることがよくありますが、theoptionの場合、最短30分、平均2時間以内に返信が届きます。

もちろん混雑状況によって変わるとは思いますが、それでも私の場合は最短30分、平均2時間以内に返信が届きました。

実際に問い合わせをすれば分かることですが、少なくても返信が届くまでに数日かかるようなことは一切ないので安心してください。

出金拒否・出金制限・口座凍結の心配は一切なし

さきほども少し触れましたが、theoptionは出金拒否や出金制限、口座凍結の心配が一切ない取引業者です。

なぜここまで言い切れるのかというと、問い合わせ(取材)時にこのようなメールを受け取ったからです。

theoption(ザオプション)返信メール

「ただし、利益が出ているという理由だけで凍結となることはありませんので、ご安心いただければと存じます。」が重要ポイント。

この内容から「稼ぎすぎという理由だけで理不尽な対応はしません!」とtheoption側が宣言しているんです。

ということは、規約に従った正しい取引をおこなっていれば、出金拒否や出金制限、口座凍結の心配が一切ない取引業者だといえますよね?

理不尽な対応をされることはないとはじめから分かっているからこそ、「 theoption(ザオプション)」はオススメなバイナリーオプション取引業者なんです。

theoption(ザオプション)のキャンペーンについて

口座開設することで受けられるtheoptionのキャッシュバックキャンペーンは2021年5月現在で次の3つ。

初回入金キャンペーン5,000円キャッシュバック
bitwalletでGOGOキャンペーン5,000円キャッシュバック(条件有り)
ポイントプログラム最大50,000円キャッシュバック

キャンペーンの詳しい内容は下記よりご確認ください。

初回入金キャンペーン

「初回入金キャンペーン」ですが、その名の通り口座開設後、はじめて入金手続きをおこなうと5,000円のキャッシュバックが受け取れるキャンペーンです。

この初回入金キャンペーンは他業者でもおこなっているので分からないということはないですよね?

せっかく口座開設したのなら迷わず5,000円のキャッシュバックを受け取りましょう。

bitwalletでGOGOキャンペーン

「bitwalletでGOGOキャンペーン」は、bitwalletで50,000円以上入金した人を対象に5,000円をキャッシュバックするという内容です。

このキャンペーンで嬉しいポイントは「前月に同キャンペーンを利用した人でも再利用できる」こと。

本来ならキャンペーン適応は一度のみ。

複数回の利用はできません。

ですが「bitwalletでGOGOキャンペーン」は前月に同キャンペーンを利用済でも再利用できるんです。

bitwalletで入金手続きをおこなう人にとっては非常にありがたいキャンペーンですよね。

開催期間は2021年5月31日までとなっていますがぜひ延長してもらいたいところです。

補足説明

初回入金は対象外。キャッシュバック金額は自動付与となります。

ポイントプログラム

このポイントプログラムはハイローオーストラリアでいうトレーダーのレベルに応じたキャッシュバックですね。

theoptionの場合、「チャレンジャー」からスタートし、「トレーダー」、「ベーシック」、「プロ」、「エキスパート」とレベルが上がっていくに毎に、そのレベルに応じた金額をキャッシュバックとして受け取れるというものです。

しかもレベルが上がる度に無料出金回数も増えるんですよ。

詳細は下記をご覧ください。

レベル到達ポイント到達取引額キャッシュバック額
チャレンジャー
トレーダー500P50万円分5,000円
ベーシック1000P100万円分5,000円
プロ3000P300万円分30,000円
エキスパート5000P500万円分50,000円

theoption(ザオプション)の損失補償は超優秀

私の個人的な意見も入ってしまうのですが、theoptionのキャンペーンは非常に優秀。

ボーナスキャンペーンやキャッシュバックキャンペーンが毎月開催されているのも嬉しいのですが、何より損失補償が有難いです。

具体例を挙げるなら、2021年5月14日まで開催されていた「STA70000特別キャンペーン(損失補償)」

theoption(ザオプション)キャンペーン

「10,000円×7回」の取引に対し、損失をすべて補償するというキャンペーンですが、この損失補償キャンペーンをおこなっている業者はtheoptionしかありません。

しかも2021年5月7日まで「STA30000キャンペーン(損失補償)」も同時におこなっていました。

theoption(ザオプション)キャンペーン2

この損失補償は、最近バイナリーオプションを始めたばかりの初心者にとって損失を出さずに稼ぐチャンスでもあります。

もちろん熟練トレーダーの損失に対する保険としてもフル活用できますよね?

毎月というわけではありませんが、定期的に損失補償キャンペーンをおこなっているので、この損失補償キャンペーンを使って稼ぐのもありだと思います。

theoption(ザオプション)

theoption(ザオプション)

theoptionは出金拒否や出金制限、口座凍結の心配が一切ないので安心して取引できます。
この安心感こそtheoption(ザオプション)最大のメリットといえるでしょう。

取引通貨ペイアウト率デモ口座
18種類1.8倍~2.0倍有り

theoption(ザオプション)の入出金に関する全概要

次にtheoptionの入出金について見ていきます。

入出金については各業者それぞれ設定が異なるため、入金方法や出金条件、出金手数料など基本的な情報は口座開設前にしっかり把握しておきましょう。

入金について

入金については以下3点を押さえておけば問題ありません。

入金方法

theoptionの入金方法は次の3つ。

  • 銀行振込(三井住友銀行、みずほ銀行、GMOあおぞらネット銀行)
  • クレジットカード
  • bitwallet

この3パターンに対応しているなら入金で困ることはありませんよね?

詳細は「 入金方法」からご確認ください。

ちなみに銀行振込、クレジットカードで入金する場合は最低10,000円から、bitwallet経由で入金する場合は最低5,000円からとなります。

ここで一点アドバイス。

theoptionはbitwalletを優遇(bitwallet専用のキャンペーンを開催しているなど)している傾向にあるので、せっかくならbitwalletに登録した方がいいかもしれません。

そうすることで今後bitwalletに関するキャンペーンの恩恵を受けることができますよ。

入金反映時間

次にtheoptionの入金反映時間ですが、こちらはリアルタイムです。

補足説明

銀行振込の場合、基本的には入金後12時間以内に反映されますが、theoptionの営業時間外、もしくは銀行の営業時間外に入金した場合、翌営業時間の対応となるので覚えておきましょう。

入金手続きをおこなえば即座に反映されるので安心してください。

ただしbitwallet経由で入金する場合、bitwalletに残高が残っていなければ入金手続きをおこなえません。

現金振込する場合は余裕を持つことも考えながらbitwalletに残高をチャージしておきましょう。

入金できない場合

入金手続きができない場合、以下の理由が考えられます。

対処法も記載しておきますのでトラブルに合わせた解決方法をお試しください。

システム側の決済エラー

カードプロセッサーによる決済エラーの可能性が考えられるため、数分程度、間隔を空けながら何度か決済をおこなう。

本人名義ではないクレジットカードで決済おこなった場合はエラーになるため、口座開設者本人のクレジットカードで決済をおこなう。

カード会社との契約内容によるエラー

利用限度額を超えている可能性が考えられるため、一度残高を確認し、利用可能残高次第では別カードで入金手続きをおこなう。

海外での決済がおこなえない設定になっている可能性があるため、カード裏面のカード発行元に連絡し詳しい設定を確認する。

有効期限が切れているなど無効なカードの場合は現在利用できるカードで再度決済する。

出金について

では次に出金について見ていきましょう。

この出金については、今後theoptionで取引する際、非常に重要となる項目なので、以下4点はしっかり押さえておきましょう。

出金方法

まず出金方法ですが、マイページのメニュー欄にある出金をクリックします。

その後、金額入力ボックスに出金したい金額を入力し、リクエスト申請ボタンをクリックしたら完了です。

3日以内に出金処理が完了するので気長に待ちましょう。

ただし口座開設時に提出する書類のアップロードが完了していなければ出金申請を受け付けてもらえません。

この点については他業者同様、不正防止の意味合いも含めた本人確認処置なので、まずはしっかり口座開設をおこないましょう。

出金手数料

出金手数料については以下をご覧ください。

チャレンジャー口座開設後の初回出金のみ無料
トレーダー30日間に1回までのご出金は無料
ベーシック30日間に2回までのご出金は無料
プロ30日間に5回までのご出金は無料
エキスパート回数に関係なく無料

出金手数料が発生する際の金額は以下の通り。

ちなみに手数料は出金額から自動で差し引かれます。

bitwallet出金額の4%(現在無料キャンペーン開催中)
銀行口座一律2,000円

出金条件

theoptionの最低出金額は5,000円からになります。

ただし、まったく取引しないまま出金手続きをおこなうと、決済手数料として「最低1500円/入金額10%」を徴収されるので気をつけてください。

何故かというと、この入出金をクレジットカード現金化目的で利用する人がいるからです。

取引するつもりがなく、ただクレジットカードから入金し、そのまま引き出そうとする人がごく少数ですがいるんですよね。

そもそも現金化行為は禁止されています。

補足説明

現金化行為はバイナリーオプション取引業者、カード会社両方の利用規約で禁止されています。

このような行為をおこなえば、口座解約だけでなくクレジットカードが利用停止になる可能性もあるので注意してください。

出金の確認が取れる時間

theoptionでは出金方法によって振込確認の取れる時間が異なるので覚えておきましょう。

bitwallet

bitwalletに出金する場合、theoption側から出金完了メールが届き次第、即反映となります。

出金完了メールが届いた後、bitwalletにログインすれば反映されていますよ。

銀行振込

銀行振込の場合、theoption側から出金完了メールが届いた後、通常翌営業日に指定口座に振り込まれます。

着金時間はランダムなので15時過ぎに残高を確認しましょう。

出金できない場合

出金できない場合、以下の理由が考えられます。

  • 指定銀行口座の詳細不備
  • 本人確認書類のアップロード不備

指定銀行口座の情報に誤りがあればもちろん出金できません。

情報が正しいか確認した上で再度出金手続きをおこないましょう。

また本人確認書類のアップロード不備に関しては、既にお伝えした通り不正防止の意味合いも含まれているため、出金前に必ずアップロード処理を完了させましょう。

theoption(ザオプション)の取引時間について

では次にtheoptionの取引時間についてタイプ別に紹介します。

短期取引
  • 30秒
  • 60秒
  • 2分
  • 3分
  • 5分
HIGH/LOW
  • 判定時間5分毎、60分毎、23時間毎
  • 7時間、22時間で終了する取引
スプレッド短期取引
  • 30秒
  • 60秒
  • 2分
  • 3分
  • 5分
スプレッドHIGH/LOW
  • 判定時間5分毎、60分毎
  • 7時間、22時間で終了する取引

ご覧いただければ分かると思いますが、違いは「短期」、「HIGH/LOW」のどちらかという1点のみ。

そこまで難しく考える必要はないですね。

営業時間とサポート時間は違う

上記で紹介したのはあくまで取引時間。

営業時間とサポート時間は別なので注意してください。

ちなみに営業時間とサポート時間は下記の通りです。

theoptionの営業時間

  • 朝7時より翌日の朝6時まで(日本時間)
  • 土日は休みなので取引不可

theoptionのサポート時間

  • 午後16時から23時まで(日本時間)
  • 土日は休みなので返信不可

theoption(ザオプション)で気になるデメリット

ここまでの内容から、theoptionは使い勝手のいい優れたバイナリーオプション取引業者であることはご理解いただけましたよね?

ですがデメリットも存在します。

このデメリットについてもしっかり把握しておかなければ安全にtheoptionで取引できません。

あとから後悔することにもなり兼ねませんからね。

ではさっそくtheoptionのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

ハイローよりペイアウト率が低い

多くのバイナリートレーダーはハイローオーストラリアをメインの取引業者として扱っているはず。

そのハイローオーストラリアと比べたとき、theoptionのペイアウト率は少し低くなってしまいます。

「USD/JPY」の5分取引で両方のペイアウト率を比べて見ましょう。

ハイローオーストラリアペイアウト率「1.85」
theoptionペイアウト率「1.80」

このようにtheoptionの方が低い設定になります。

たった0.05%の差にはなりますが、取引金額が月50万円以上なら5万円の差額が生じるため、サイトの使いやすさ、ペイアウト率などすべてを考慮した上で取引業者を選ぶといいでしょう。

出金手数料が他業者より高め

さきほども紹介しましたがtheoptionの出金手数料は次の通り。

bitwallet出金額の4%(現在無料キャンペーン開催中)
銀行口座一律2,000円

bitwalletに出金する場合は文句なしに安いのですが、銀行口座に出金する場合だと少し高い印象があります。

とはいえここをケチっても仕方ないのですが、個人的には1,000円くらいにしてもらいたいですね。

theoption(ザオプション)で気をつけるべき2つの注意点

theoptionは利益を必ず出金できる、また理不尽に口座凍結しないバイナリーオプション取引業者であることはすでにお伝えしました。

とはいえ利用規約に違反すれば話は別。

あくまで理不尽に口座凍結しない、不正がなければ必ず出金に対応するということです。

theoptionで定められている禁止事項は以下の通り。

・マーケットの動きに対してレートの遅延やフロントランニングを狙ったと見受けられる不自然な取引
・システムの乱用を狙った構成の自動売買取引ツールを購入の上お取引された場合
・取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合やクレジットカードの乱用と判断された場合
・本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合、また必要書類の提出を拒否した場合
・重複口座が確認された場合(全ての口座を解約することがあります)※グループ取引含む
・第三者に成りすまして別名義の取引口座が確認された場合、また同一IPアドレスもしくは単一のデバイスから複数の取引口座へのログインが確認された場合
・マーケットプライスの上下の予測に基づいていない不自然な手法での取引を行ったと判断された場合
・第三者カード(家族名義含む)を利用された場合
・お取引目的ではないと見受けられる口座利用を行ったとみなす場合

この他にクレジットカードの現金化行為も含まれます。

こちらの禁止事項に関しては、他のバイナリーオプション取引業者となんら変わりありません。

そもそも普通に取引していれば何も影響はないのです。

ただし以下の2点には注意しましょう。

自動売買は絶対に使わない

バイナリーオプションはFXではありません。

自動売買を使った取引は絶対におこなわないでください。

というのも、バイナリーオプションのサインツール販売者の中には、自動売買システムを販売しているケースが多数存在します。

「放置するだけで毎月利率50%」などと語っている場合は自動売買と考えてください。

このような違法システムは絶対に購入してはいけません。

もし自動売買システムで取引したらどうなると思いますか?

禁止事項に記載されてある通り、出金拒否、口座凍結の対象になります。

仮に使うならサインツールのみ。

サインツールなら自分でしっかりエントリーポイントを見極めて取引するため規約違反にはなりません。

その点をしっかり理解した上で利用規約に違反しない取引をおこなってください。

本人確認書類や公共料金の偽造

本人確認書類や公共料金の偽造は完全に犯罪です。

バイナリーオプションは金融商品ですから登録するにも年齢確認がありますし、もちろん本人確認もおこなわれます。

当たり前ですよね?

ですが中には本人確認書類や公共料金を偽造する人もいるんです。

名義人を使う場合に多いケースですね。

このような事実が発覚した場合、もちろん出金拒否、口座凍結の対象、最悪の場合、法的手段を取られることもあるでしょう。

本人確認書類や公共料金の偽造は自動売買システムの利用より処罰が重くなるんですよ。

なぜなら「偽造=犯罪」ですから。

このような悪事には絶対に手を染めてはいけません。

theoption(ザオプション)の評判を口コミから徹底調査

ここまでご覧いただいたのならtheoptionの概要はすべて把握できたと思います。

では次にtheoptionの評判を口コミからリサーチしてみましょう。

参考にするサイトはTwitterの口コミ投稿。

ハイローアフィリ目的でtheoptionを理不尽にディスっているような口コミサイトの情報はすべて除外しているので安心してください。

それではさっそく見ていきましょう。

theoption(ザオプション)で口座開設する際の全手順

これからtheoptionで口座開設するという人たちに向け、その手順を下記にてまとめました。

この順番を参考にtheoptionの口座開設手続きをおこなってください。

手順①:ザオプションのホームページにアクセス

まずtheoptionのホームページ「 https://jp.theoption.com/」にアクセスします。

その後、「口座開設はこちらから」をクリックし必要情報入力画面を開きます。

theoption(ザオプション)登録ステップ1

手順②:個人情報・口座情報を入力する

必要情報入力画面に正確な情報を入力していきましょう。

theoption(ザオプション)登録ステップ2

ここで間違った情報を入力すると、この後おこなう本人確認手続きがエラー扱いとなるので注意してください。

すべて入力したら画面下にある「次へ」をクリックします。

手順③:決済承認契約書への署名する

次に「決済承認契約書」に署名します。

theoption(ザオプション)登録ステップ3

簡単にいってしまえば「入力情報に嘘偽りはありません」という内容に署名するということですね。

「口座名義」、「電話番号」、「メールアドレス」を確認し、間違いがなければ「署名日(年/月/日)」で当日を選択し、同意欄にチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリックします。

手順④:本人確認書類のアップロード

最後に本人確認書類をアップロードします。

theoption(ザオプション)登録ステップ4

指定される2つの書類をアップロードし「完了」をクリックしましょう。

ここまでの手順で口座開設手続きは完了です。

  • 顔写真付き身分証明書

    写メールで撮影する際、ぼやけないよう注意しながら撮影しましょう。

    1. 運転免許証
    2. マイナンバーカード(写真付き)
    3. 住民基本台帳カード
    4. パスポート
  • 現住所確認書類

    必ず書類発行日(6ヶ月以内)が確認できるように提出してください。

    1. 公共料金明細書
    2. 携帯電話、カード会社等の請求書
    3. 住民票

手順⑤:アップロード書類の認証を確認する

最後にアップロードした書類が無事に認証完了となるか確認しましょう。

確認はマイページ内にある「本人確認書類」からいつでも見ることができます。

theoption(ザオプション)登録ステップ5

認証されれば今後問題なく出金手続きをおこなえます。

といっても基本的にほぼ100%の確率で認証されるので安心してください。

ただし写真を撮影する際、ぼやけてしまったり全体が確認できない場合、再アップロードをお願いされることがあるので注意してください。

最後に

如何でしたでしょうか?

当サイトでは忖度なしにtheoptionの正確な評判を細かく解説してきました。

他サイトはハイローアフィリを目的としているため、他のバイナリーオプション取引業者をディスりがちになっているのが現実。

正しい情報を発信していないんですよね。

しかし当サイトでは、theoption側に問い合わせ(取材)をおこなった上でコンテンツを作成しています。

またTwitterからも実際の口コミをピックアップ。

これだけ情報が揃えばtheoptionの本当の評判が自ずと見えてきます。

少なくても理不尽な対応(一方的な口座凍結や出金拒否)をされることがないtheoptionは、数あるバイナリーオプション取引業者の中でも非常に優秀だといえます。

なにより安全に取引できるのが一番ですからね。

もちろん口座開設は無料ですから、今使ているバイナリーオプション取引業者で今後起きるかもしれないトラブルに備え、今のうちにtheoptionで口座開設しておくのも一つだと思いますよ。

theoption(ザオプション)

theoption(ザオプション)

theoptionは出金拒否や出金制限、口座凍結の心配が一切ないので安心して取引できます。
この安心感こそtheoption(ザオプション)最大のメリットといえるでしょう。

取引通貨ペイアウト率デモ口座
18種類1.8倍~2.0倍有り

「この情報間違ってない?」「こんな手法もあるよ!」このようなご指摘、ご意見など御座いましたらバイナリーオプション攻略研究室までご連絡下さい。ご指摘を頂いた箇所は次回の更新時に反映、また、ご意見に関しては今後コンテンツを作成する上での参考にさせていただきます。