バイナリーオプションって何歳から取引できるの?

バイナリーオプションを始める際、誰でも口座開設できるわけではなく、一定の条件を満たす必要があります。

その条件の一つに年齢も含まれるのですが、いったい何歳から口座開設して取引することができるのでしょうか?

バイナリーオプションの国内業者、海外業者では、口座開設における手続きの条件に対し基準が異なっています。

国内のバイナリーオプション業者においては、口座を開設する際に「投資はリスクが伴う取引である」ことから一定の基準で審査がおこなわれ、その審査に合格する必要があります。

ですが、海外のバイナリーオプション業者では、審査という意味では比較的緩い部分があり、その反面、提出書類に厳格さを求めるという傾向にあるようです。

そこで今回は、バイナリーオプションは何歳から取引できるのか、また、審査に含まれるその他の条件についても詳しく解説していきます。

新着情報

土日も取引できるバイナリーオプション業者「ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS)」について詳しく知りたい人は「ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS)は土日もバイナリーオプションで取引できる超優良業者!」をご覧ください。

バイナリーオプションは何歳から取引できるの?

バイナリーオプション取引年齢

バイナリーオプションを取り扱う業者によっても異なりますが、20歳以上であれば口座開設することができます。

また、18歳で口座開設ができる業者もあるのですが、未成年に該当する年齢では両親など法定代理人の同意が必要となるので注意が必要です。

口座開設は簡単なステップで進むことができますが、免許証などの年齢が確認できる資料の提出が必要となります。

親や兄弟でバイナリーオプションの口座を持っていた場合など、その口座を使っての取引も不可能ではありませんが、他人の口座を使った取引は規約違反となることが多いので、条件を満たす年齢になるまで待つことが賢明といえるでしょう。

取引年齢に満たない場合はデモトレでバイナリーオプションを学ぼう!

デモトレでバイナリーオプションの練習

バイナリーオプションは取引業者の定める年齢が達していなければ口座開設することはできません。

ですが、バイナリーオプションで取引をおこなうための知識や勝ち方を学ぶ方法はあります。

その一つは、バイナリーオプション業者が提供するデモトレードでの練習になるのですが、氏名とメールアドレス程度ですぐにデモ取引がスタートできる上、実取引と同じ体験をすることができます。

バイナリーオプションなどの投資では、経験に基づいた知識やテクニックが大きな武器となります。

その知識やテクニックを年齢の若いうちから身に着けることができたなら生涯に渡って大いに役立つでしょう。

自分の資金でおこなうトレードとバーチャルマネーでおこなうトレードでは、メンタルの持ち方という点で全く質の違うものになりますが、経験という意味では大きなアドバンテージになります。

また、バイナリーオプションで資金を増やすためには、優位性の高いルール作りが必須となり、そのためには検証が欠かせません。

テクニカル分析を使って優位性の高いポイントを探すために検証を重ねますが、データに裏付けされたルールを作ることで自信を持ったトレードができるようになります。

たとえ連敗していてもトータルで勝てることが過去の検証データから分かっているため、精神的に動揺することがなくなるという状況を作りだすことができます。

バイナリーオプションの口座を開設できる年齢になるまでに経験を蓄積すること、検証に裏付けされたルールを作ること、この2点を予めおこなった方であれば、取引デビューと同時に初期投資額を数か月で数倍、数十倍に増やすことも夢ではありません。

バイナリーオプションの口座開設に必要な条件は?

バイナリーオプションの口座開設に必要な条件は?

口座開設を希望する方の年齢がバイナリーオプション業者の基準に達しているのか、また、氏名や住所は正しいのかという確認をおこなうため、免許証などの本人確認書類の写しを提出しなくてはいけません。

また、国内のバイナリーオプション業者では、マイナンバーの提出も必須となるため、口座開設は日本国内に居住している人に限られることになります。

バイナリーオプションの口座開設に必要な条件として最大のポイントは、正確な個人情報を不備なく提出することだといえますね。

以上のステップで口座開設することができるのですが、国内のバイナリーオプション業者では一定の基準で審査がおこなわれるため、状況次第では口座開設ができないこともあります。

口座開設を申し込む際、入力フォームには「職業や年収」「金融資産」「投資可能資金額」「投資経験」などの項目があります。

業者側は、これらの内容について審査をおこない、投資をおこなうための資格を要しているか、また、バランス的に適正であるかを判断しています。

年収が低くても資産や投資可能資金額が多いケースであれば投資をおこなう上でバランス的に問題はないと判断されるでしょう。

中には、無職だと口座開設をNGとしている業者や金融資産が数万円以上と明確に謳っている業者もありますが、口座開設したいからといって偽った情報を伝えることは規約違反になりますので正確に記述することが大切です。

若いうちから投資を始めるメリットとは?

若いうちから投資を始めるメリットとは?

バイナリーオプションには年齢制限が設けられていますが、その条件をクリアしているのであれば、できるだけ早い段階で取引を始めることをおすすめします。

当然リスクは伴いますが、投資をおこなうことでビジネスやプライベートにおいても多くのメリットを享受できます。

投資に興味を持つことで政治や経済など世の中の動向がよくわかるようになり、ビジネスにおいても大いに役立ちます。

また、失敗も含めた多くの経験を積むことで、老後に備えた資産形成や定年後においても資産運用をおこなうなど、経験を生かすことが安心材料となります。

なにより年齢が若いということは、今後の人生が長いということでもあるので、多少のリスクはいくらでも取り返せます。

資産を効率よく増やすためにはリスクが付きものですが、この点においては投資に限らずビジネスでも同様で避けて通ることは難しいのです。

リスクは必ずあるということを想定し、できるだけリスク回避しながらリターンを得るということを投資を通じて学べるため、ビジネスにおける様々な場面でも役立つことでしょう。

まとめ

バイナリーオプションの取引年齢についてまとめ

以上、バイナリーオプションを始めるために必要な条件などをまとめてみましたが、何歳で取引できるのかという制約については、国内バイナリーオプション業者、海外バイナリーオプション業者に関わらず、双方同じであることが分かります。

投資はリスクが伴いますが、できるだけ若いうちから投資というものを経験しておくことで、様々な分野で生かせますし、稼ぐための手段とすることもできます。

経験の一つとしてバイナリオプションを始めてみるのも良いかも知れません。

「この情報間違ってない?」「こんな手法もあるよ!」このようなご指摘、ご意見など御座いましたらバイナリーオプション攻略研究室までご連絡下さい。ご指摘を頂いた箇所は次回の更新時に反映、また、ご意見に関しては今後コンテンツを作成する上での参考にさせていただきます。