バイナリーオプションで有利に取引するための時間帯について

バイナリーオプションでは、相場の環境に合った取引をおこなうことでその優位性を発揮できます。

相場の環境は時間帯によって現れやすい傾向があり、その特性を把握しておけば実際の取引において非常に有利となります。

バイナリーオプションを含む外国為替取引は24時間の取引が可能ですが、大きく「東京市場」「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」3大市場に分けて考えることができます。

それぞれの市場において特徴のある動きが見られ、その特徴に合った戦略を持って取引をおこなうと非常に効果的です。

バイナリーオプションで有利な時間帯とい言うのは、自分の得意な戦略と合致する特性を持った時間帯だと言うことを理解しましょう。

それでは、それぞれの市場について、その特徴と効果的な戦略について解説いたします。

新着情報

土日も取引できるバイナリーオプション業者「ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS)」について詳しく知りたい人は「ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS)は土日もバイナリーオプションで取引できる超優良業者!」をご覧ください。

東京市場の特徴と攻略法

東京市場の特徴と攻略法

東京市場は9:00~15:00の時間帯を指します。

ロンドン市場やニューヨーク市場と比較しても動きが小さく、レンジの中で動くことが多い特徴があります。

東京市場がオープンした後、ポイントとなるのが9:55の仲値決めです。

仲値とは、その当日において銀行などの金融機関が顧客との間で取引をおこなうレートのことで、金融機関などは圧倒的な資金力で相場に影響を与える力を持っており、より有利な条件で取引がおこなえる方向に向けて仲値を調整する動きが見られます。

また、毎月5の倍数にあたる日、いわゆるゴトー日では企業による決済日となることが多いため、輸入企業によるドルでの支払いが盛んにおこなわれる影響から、ドル高になる傾向があります。

必ずそうなるわけではありませんが、ゴトー日の仲値に向けた相場においてUSD/JPYは上がりやすいことを頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

ゴトー日のUSD/JPYの上昇を狙ったエントリーを検証してみると面白いかもしれません。

仲値が決定された後の相場は比較的落ち着き、昼休みからロンドン市場に向けては動きの弱い状況になりやすい傾向にあります。

したがって、仲値決めが終わり昼休みから東京市場クローズまでは、値動きがレンジ状態になりやすいと言う特性を狙った逆張り戦略が有効といえます。

レンジの上限や強いサポート、レジスタンスでの反転を狙い、タイミングよく逆張りをおこなうと効果的でしょう。

ただし、日銀金融政策会合の発表などは昼休み近辺に行われることがあり、内容によっては上下に大きく動くことも予想されるため、事前に確認しておく必要があります。

ロンドン市場の特徴と攻略法

ロンドン市場の特徴と攻略法

ロンドン市場は16:00~0:30の時間帯を指します。

これは夏時間における時間帯で冬時間は1時間ずつ進めた時間帯となります。

夏時間

3月第2日曜日午前2時~11月第1日曜日午前2時(米国時間)

冬時間

11月第1日曜日午前2時~3月第2日曜日午前2時(米国時間)

ロンドン市場がオープンするのは16:00からですが、1時間前あたりから欧州勢の参加者が現れ始め動きが活発になる傾向にあります。

ロンドン市場オープン時に注意しておきたい現象があります。

東京市場で形成されたレンジを一度ブレイクし、トレンドが発生したと見せかけすぐさま反転し逆方向へトレンドを形成するというものです。

東京市場で取引きしていたトレーダー達をロスカットオーダーが溜まっていると予想される位置までレートを動かし、ロスカットでふるい落としてから再スタートするような動きとなります。

機関投資家のような大口トレーダーが意図的におこなっていると言われていますが、非常に大きな幅で上下に動くため方向性を見極めることは難しくなります。

バイナリーオプションでポジションを持つことにおいても予測が難しく、しっかりとしたトレンドを見極めたい時間帯となります。

18:00あたりで昼休みとなり、その後は落ち着いた相場に移行する傾向にあります。

ロンドン市場でポイントとなるのは0:00にあるロンドンフィックスです。

ロンドンフィックスとは東京市場で言う仲値決めのことで、ニューヨーク市場もオープンしているため、その時間帯の前後は値動きが激しくなることもあります。

ロンドン市場は、オープン前後の不可解な動きに注意しながらトレンド形成を確認した順張り戦略が有効といえます。

18:00頃からレンジに移行した場合には、レンジの上下幅を見極めた逆張りをおこなうことも良いでしょう。

ニューヨーク市場の特徴と攻略法

ニューヨーク市場の特徴と攻略法

ニューヨーク市場は22:00~6:00の時間帯で、冬時間は1時間ずつ進めた時間帯となります。

ロンドン市場との同時オープンとなる時間帯では非常にボラティリティが大きくなることが特徴です。

経済指標が21時台および23時台に発表される場合がありますが、重要指標などは特に大きく上下に動くことが予想されるため、発表前後のエントリーは避けるべきでしょう。

ニューヨーク市場でポイントとなるのは23:00にあるオプションカットです。

オプションカットとは、通貨オプションの最終的な締め切り時間を指し、参加者による思惑が入り乱れる時間帯となります。

通貨オプションとは、オプション取引の中でも通貨を対象とするものです。

予め定められた期間や期日に定められたレートで買う権利や売る権利を売買する取引のことで、さまざまな種類の通貨オプションがあり、バイナリーオプションもその一つとなります。

特に大きなオプションカットの前後は激しく動く特徴があるため、上下に大きく振れることで予測しにくい状況になります。

その後はロンドン市場が終了し、穏やかな動きへと移行する傾向にあります。

ニューヨーク市場では、イベントが多い日は読みにくい展開が続くため、上下の動きに翻弄されることがあります。

世界経済をけん引するニューヨーク市場では、トレンドを簡単にひっくり返すようなファンダメンタルズ要因も出やすい状況にもあるため、経済ニュースに対してはアンテナを張っておくと良いでしょう。

ニューヨーク市場では動きが出やすいため、しっかりとしたトレンド形成を確認した順張り戦略が有効ですが、経済指標の発表時間には細心の注意を払うことが重要となります。

バイナリーオプションは時間帯による攻略が効果的

バイナリーオプションは時間帯による攻略が効果的

バイナリーオプション取引では時間帯による攻略が効果的です。

市場によって相場の性質は大きく変わるため、戦略についても柔軟に対応していく必要があるでしょう。

順張りを得意とするか、または逆張りを得意とするかによって取引をおこなう時間帯を絞って攻略することも効率の良い方法です。

バイナリーオプションは、時間帯による相場の特徴に合わせた戦略を組み立てることで勝率を上げることも可能です。

ぜひ意識しながら取り組んでみてください。

「この情報間違ってない?」「こんな手法もあるよ!」このようなご指摘、ご意見など御座いましたらバイナリーオプション攻略研究室までご連絡下さい。ご指摘を頂いた箇所は次回の更新時に反映、また、ご意見に関しては今後コンテンツを作成する上での参考にさせていただきます。