バイナリーオプションで資金管理が出来ていない人は必ず負ける!

バイナリーオプションを始めた方は、全員もれなく「お金を増やしたい」と思っていますよね?

けれど、いつも負けてばかりでバイナリーオプションにお金を貢いでしまっていると言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もし、今現在において資金管理をおこなっていないのであれば、間違いなく今後もお金を貢ぐ側のままです。

そんなのは嫌ですよね?

それなら、こちらの記事を読んだ後、その日から資金管理を始めましょう。

新着情報

土日も取引できるバイナリーオプション業者「ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS)」について詳しく知りたい人は「ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS)は土日もバイナリーオプションで取引できる超優良業者!」をご覧ください。

投資の成功者は資金管理が出来る人

投資の成功者は資金管理が出来る人

バイナリーオプションに限らず、株やFXで稼いでいる投資家は資金管理が出来ている人ばかりです。

全ての投資家にインタビューは出来ませんが、おそらく間違いないでしょう。

どんな手法を使っていても、資金管理が出来ていなければ投資に失敗します。

逆に、どんな手法を使っていても、資金管理さえ出来ていれば投資の成功率は格段にアップします。

世界的に有名な専業トレーダーである「マーティ・シュワルツ」もこんな格言を残しているんですよ。

マーティ・シュワルツ
最も重要なのは、資金管理。資金管理。資金管理。成功した人は誰でも同じことを言うはずだ。

そもそも資金管理って?

資金管理とは「お金を管理」することです。(当たり前ですが…)

身近なところで言えば家計簿ですかね?

家計簿にはいくらお金が入ったか(収入)、何にお金を使ったか(支出)を記録し、家計をやりくりしますよね?

一方、投資における資金管理では下記のようなことを管理するため、家計簿より少し複雑です。

入出金額

・1期間あたりの目標利益額許容損失額
・1回あたりのエントリー金額

資金管理をしない人は無謀なギャンブラー

FXであろうとバイナリーオプションであろうと資金管理をしなければ、競馬・競艇・パチンコなどのギャンブルをやっているのとさほど変わりありません。

ギャンブルがしたくてバイナリーオプションを始めたなら資金管理は必要ないでしょう。

ですが、ギャンブルはいつか自分の身を滅ぼします。

バイナリーオプションを『投資』と捉え、長期的に安定して稼げるようになるためには資金管理が一番重要なのです。

資金管理の4つの基本

資金管理の4つの基本

ここからは資金管理の具体的な方法について説明していきたいと思います。

まずは次の4つの基本からおさえておきましょう。

① 目標利益額、許容損失額を決める
② 1回あたりのエントリー額を決める
③ 入出金額を把握する
④ 日単位、月単位の損益合計を記録する

管理① 目標利益額、許容損失額を決める

まず、取引に使える全資金から1日あたりの目標利益額を決めます。

安定した投資をおこないたいのであれば、1日あたりの目標利益額は全資金の5~20%に設定するといいでしょう。

全資金が100,000円であれば、目標利益額は5,000円~20,000円になります。

許容損失額は目標利益額の半分が目安です。

少額でスタートする場合はエントリー最低金額の関係から目標利益額の割合が高くなりますが、その割合が高ければ高いほど損失リスクも高くなると捉えておきましょう。

管理② 1回あたりのエントリー額を決める

1回あたりのエントリー額は全資金の1%~5%に設定すると安全な運用が出来るとされています。

全資金が100,000円であれば1回あたりのエントリー額は1,000円~5,000円ですね。

さらに、目標利益額とペイアウト率、想定される勝率、1日のエントリー回数を考慮することで具体的なエントリー金額の算出も可能です。

ただ、想定される勝率や1日のエントリー回数は把握しづらい部分なので、簡単に目標利益額を10等分して決めても問題ありません。

管理③ 入出金額を把握する

バイナリーオプションの入出金を銀行口座で完結させていれば、通帳を見れば簡単に把握出来ます。

しかし、クレジットカードで入金、銀行口座に出金している場合は、入出金額のチェックがおろそかになりがちです。

そもそもクレジットカードで入金するということはお金を一時的に借りることになるので賢い方法とはいえません。

入出金額を把握することは全体の資金管理に繋がることなので、バイナリーオプションを利用する際は銀行口座での入出金がオススメです。

管理④ 日単位、月単位の損益合計を記録する

ここで言う損益合計はバイナリーオプションのアカウント内での損益合計のことです。

先に説明した入出金額とは分けて考えてください。

アカウント内の取引履歴を見れば1取引あたりのエントリー額、ペイアウト結果を確認することが出来るので、その履歴から損益合計を算出しましょう。

損益合計の算出方法は以下の通りです。

損益合計=(ペイアウト結果の合計額)-(エントリー合計額)

エクセルを使って取引日ごとに記録しておけば、月単位の損益合計も簡単に算出することが出来ます。

資金管理に工夫を加えて利益の最大化・損失の最小化を狙おう

資金管理に工夫を加えて利益の最大化・損失の最小化を狙おう

バイナリーオプションは値幅に関係なく、少しでもエントリーポイントより上昇するか下落するかで勝ち負けが決まります。

その特徴を活かして、バイナリーオプションならではの資金管理をして「利益を最大化し、損失を最小限に抑える」ことを目指してみてください。

エントリーポイントを分散する

明らかに勝てそうなエントリーポイントを狙っても、決済時間のちょっとしたズレ(滑り)で負けてしまうことがあります。

1回のエントリーだけではこのようなズレに対処することは出来ませんが、エントリーポイントを分散すればトータル損失を抑えられる可能性が高まります。

例えば、1回のエントリーに5,000円使っていたのであれば、1,000円ずつ5秒ごとに計5本のエントリーを入れてみるとしましょう。(ペイアウト率は1.8倍で考えます。)

1本5,000円のエントリーで負ければ5,000円の損失が出ます。

一方、5本に分けたエントリーでは、1本でも勝てば損失は3200円、2本勝てば損失は1,400円、3本勝てば利益が出ます。

合計額では同じ分だけエントリーしているのに、損失額が全然違いますよね?

また、エントリーポイントを分散すれば勝ち負けが分かれるタイミングの情報収集にもなります。

もちろん、分散した本数の半分以上が負けると損失が出るので、1本でエントリーした場合と分散してエントリーした場合の収益差を比較して、分散する意味がないと思ったら1本のエントリーに集中した方がいいです。

エントリー額を一定にしない

バイナリーオプションの理論上の勝敗確率は約50%ですが、調子良く連勝が続くこともあれば、連敗ばかりになってしまうこともあります。

出来ることなら調子が良いときはより利益を伸ばし、調子が悪いときはより損失を抑えたいですよね?

そのためには状況に応じてエントリー額を調整する必要があります。

エントリー額は自分の資金余裕に合わせて自由に変えてもOKですが、投資戦略で有名なグッドマン法ウィナーズ投資法などを活用するのもオススメです。

グッドマン法

連勝時に「1,2,3,5」の順にエントリー額を変えて利益を伸ばす手法

ウィナーズ投資法

連敗時の損失を段階的に回収する手法

これらの投資戦略を上手く使った方が、定額エントリーするよりも利益を伸ばし、損失を抑えられる可能性が高められます。

資金管理こそ勝ち組への近道

資金管理こそ勝ち組への近道

如何でしたでしょうか?

投資において資金管理とは、破産しないための対策であり、長期的に安定した利益を積み上げる手段でもあります。

投資の成功者は漏れなく資金管理の重要性を説いているので、ぜひ皆さんもバイナリーオプションでの資金管理を徹底してみてください。

資金管理を正しくおこなえば、勝ち組への仲間入りもそう遠くはありませんよ。

「この情報間違ってない?」「こんな手法もあるよ!」このようなご指摘、ご意見など御座いましたらバイナリーオプション攻略研究室までご連絡下さい。ご指摘を頂いた箇所は次回の更新時に反映、また、ご意見に関しては今後コンテンツを作成する上での参考にさせていただきます。